サンゼットRとは?

【サンゼットR】は、耐食金属であるチタンやニオブ、タンタル、ジルコニウム等の年間腐食率を計算し、それぞれの耐食性を活かした薄板(厚み0.2〜2mm)を、鉄や銅、アルミ等の母材にクラッド(接合)する技術です。爆着法や圧延法とはまったく異なる独創の技術で、形状・母材の厚み・クラッド材厚みともに極めて融通性が高い上、短納期で経済性も抜群です。

その技術の優秀性は、1985年に行なわれた米国TDA(現 International Titanium Association)の第一回チタニウム需要開発コンペティションにおける金賞(産業部門)授賞で実証されており、サンゼットR技術の国際的な評価をも確立しております。
爆着法に優るとも劣らない圧着性能は、種々の過酷な剥離テストやせん断テストで実証されており、耐圧・耐真空性も永年にわたる 3,000基以上の機器の納入事例により確たる信頼を得ております。

他の素材(樹脂、ガラスなど)による防食ソリューションに対する決定的な優位点は、機械的衝撃や経年劣化に強いというところです。完全耐食条件下に於いては半永久的に使用できるため、機器更新にともなうメンテナンス負荷、および廃棄物処理費用を大幅にカット。イニシャルの投資分をトータルで回収し、コストダウンにつなげることが可能です。

応用例

加工上の自由度がきわめて高いため、さまざまな形状・大きさ・用途に適用できます。以下に代表的な機器の例を記します。

塔槽類

直径3,700mm以内(陸送可能範囲)の塔槽に、厚み0.2〜2mmの耐食材をクラッド加工致します。
→化学工業向け機器

プレート

陸送不能な大型塔槽用など、用途に合わせ、クラッド板として納入します。溶接控代を調整してありますので、溶接時にその部分のライニングをはがす手間を省くことができます。

管板

熱交換器等の管板(母材厚み200mmまで・直径3,700mm以内/陸送可能範囲)に、厚み0.2〜2mmの耐食材をクラッド加工致します。
→化学工業向け機器・熱交換器

耐食性ブスバー

丸・角・平 各形状の銅やアルミ、鉄を母材とし、耐食材をクラッド加工した電極用ブスバーです。
→表面処理機器・水中ブスバー

電極

ソリッド板やサンゼットRクラッド板に、3.5μm以上の白金箔をクラッドした革命的な電極です。
→表面処理機器・白金電極

加工可能な耐食金属

チタンおよびチタン合金/ジルコニウム/ニオブ/タンタル/各種高ニッケル合金/白金/他